日本体育大学

お知らせ一覧

日本体育大学

「世界最高水準の科学・技術×アスリートの育成」東工大と日体大が、東京2020年オリンピック・パラリンピックに向けた連携協定を締結

 東京工業大学(以下、東工大)と日本体育大学(以下、日体大)は、7月21日日体大東京・世田谷キャンパスにおいて、連携協定の締結式を行いました。

 今回の連携協定により、世界最高の理工系総合大学の実現を目指している東工大と、世界トップレベルのアスリートを有する日体大の強みを生かし、東京2020年オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けて、「世界最高水準の科学技術×アスリートの育成」のコラボレーションによる“強い日本をつくる”ことの実現に向けた連携が期待されています。

続きはこちら:http://www.nittai.ac.jp/topics/pr/2020_3.html

浜松日体高等学校

静岡県ジュニア選手権優勝(ゴルフ部:高校女子、中学男子)

 7月31日、葛城ゴルフ倶楽部で行われた県ジュニア選手権にて、本校生徒が優勝しました。

 8月1日の静岡新聞に記事が紹介されましたので転載します。

続きはこちら:http://www.h-nittai.ed.jp/club_report/detail.php?club_report_id=107

日本体育大学柏高等学校

渡辺大生インターハイ出場!!&卒業生「植草歩」「多田野彩香」最新News

 平成29年7月27~29日に福島県弥麻郡猪苗代町のカメリーナ(猪苗代町総合体育館)行われる全国高等学校総合体育大会に、渡辺大生(2学年)が出場します!!

渡辺大生選手からのコメント:「チームの為、応援してくれるすべての人の為に頑張ります。」

続きはこちら:http://www.k-nittai.ed.jp/blog/?p=7035

日本体育大学

ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設(近代五種競技)に指定されました

 日本体育大学東京・世田谷キャンパスがナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設(近代五種競技)に指定されました。

【指定期間】
平成29年7月1日から平成31年3月31日まで

続きはこちら:http://www.nittai.ac.jp/topics/pr/post_405.html

日本体育大学

【パラ水泳】新記録続出!

 平成29年7月2日~11日にドイツ ベルリンで行われた「ドイツオープン選手権ベルリン大会」に富田宇宙(大学院体育科学研究科1年)、池愛里(体育学科1年)が出場しました。

続きはこちら:http://www.nittai.ac.jp/topics/athletic_meeting/post_403.html

桜華女学院中学校

中学-ブータン料理・調理実習(国際交流)

 7月13日(木)に、国際交流の一環としてブータン人のソナムチデンさんに来ていただき、ブータン料理の調理実習を行いました。

 また保護者の方や本校の英会話教師・ティモシー先生などにもご協力をいただきました。

続きはこちら:http://www.ohka.ed.jp/news/entry/000739.html

桜華女学院中学校

国際理解講演会を実施しました

 7月6日(木)「総合的な学習の時間」に国際理解講演会を開催しました。

 写真家であり、ブータン王国の小中学校で体育教師として教鞭をとられた経験のある関健作先生に講演いただきました。

続きはこちら:http://www.ohka.ed.jp/news/entry/000737.html

日本体育大学

【ダブルダッチ】世界選手権優勝!

 平成29年6月8日~10日にアメリカ合衆国 サウスカロライナ州サムターで行われた「44th Annual American Double Dutch League World Invitational Championship」(世界選手権)において、ダブルダッチサークル「乱縄」から4年生5名(チーム名:焔麗 (ホムラ))が出場し、シングルス、ダブルスともにスピード競技(2分30秒の間に何回跳べるかという競技)でFastest Speed Steps, フリースタイルでHighest point of Freestyle(日本記録更新)を獲得するとともに総合優勝に輝きました。

続きはこちら:http://www.nittai.ac.jp/topics/athletic_meeting/post_399.html

浜松日体中学校

PTA主催の「インターネット利用研修会」を行いました

 7月1日(土)PTA主催の「インターネット利用研修会」を行いました。中学1,2年生と保護者が参加しました。

続きはこちら:http://www.h-nittai.ed.jp/news/detail.php?news_id=234